転職経験のある薬剤師の意見からわかる現場の実態

年代と転職理由から考えられること

2番目に高かったのが、勤務時間に余裕を持ちたい理由ですが、これも30代〜50代に多く見られる結果です。
原因として考えられるのは、子育てです。
30歳前後に結婚して子供ができる家庭は多く、このときに子供の面倒を見られないほど忙しい職場だと困ります。
特に女性に多い願望だといえます。
50代になると子供が自立する年齢にまで育ってくるでしょうが、本人が年齢的に衰えるころで、若い頃のように無理して仕事をするのが難しくなってきます。
40代以降は親の介護もしなければならない確率が高まるため、そのためにも時間的に余裕がある、融通がきく職場を求めるようになってきます。
スキルを磨いて向上するためを理由にして転職を希望する年代は、40代が突出して多いアンケート結果です。
30代と50代も多く、20代にもそこそこ存在します。
より高い技術を磨けば、やがて給与アップを目指せる可能性が高まる、周囲が熱心に勉強しており、それに触発されたという理由も見られます。
現在の職場ではスキルの上昇が見込めないときに、他の勤務先を選ぼうとする薬剤師が多くなっています。
引っ越しを理由にするのは30代と40代が圧倒的に多めです。
家族が増えて広い物件に移る、マイホームを建てたなどの理由が考えられます。
自宅から近い勤務地を希望する意見は、全ての年代で見られる転職の理由です。

転職が盛んな薬剤師 | 薬剤師の転職理由 | 年代と転職理由から考えられること